介護レクレーション

f:id:hiroshi0369:20211030173107p:plain

いつも介護奮闘記を訪問ありがとうございます。

今日は介護に欠かせないレクについてお話します。

介護施設では1日をできるだけ自由に気持ちよく過ごしていただくようにしています

が、午前中は意外とバタバタすることが多く、午後からの昼食後にレクレーションを

することが多いのです。基本的に多いのが体操運動や歌を一緒に歌うなど、あとはトラ

ンプやかるたなどもよくします。

できるだけ身体を動かすようなレクや頭を使うレク中心に考えます。

また季節ごとの行事の際は、必ず入居者様と一緒に季節の飾りつけなどをします。

ひな人形を一緒に飾ったり、七夕の飾りつけ、クリスマスツリーの飾りつけなどなど、

前にも書いたと思いますが、不思議な事に認知症の方でも必ず昔の歌や童謡などは覚え

ておられます。これは認知症であっても記憶する場所が違うのでしょうね。

ゲームなどのレクをすると意外と集中し、むきになって真剣にする方もいれば、あまり

無関心の方もおられ性格がよくでます。

デイサービスなどでは家庭菜園や外でのレクなども多いのですが、グループホームでは

意外と重度の方もおられるので中々、外でのレクなどはできないのが残念です。

レクレーションはこのように身体を動かすこと、頭を少しでも使うこと、記憶をすこし

でも、戻すことなどを中心に少しでも今の状態を維持していただく為に、必要不可欠な

大切な時間になります。

また面白いレクなどがあれば教えてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村