介護ストレスについて

f:id:hiroshi0369:20211028092947p:plain

いつも介護奮闘記を訪問ありがとうございます。

今回は介護する側のストレスについてお話します。

介護に限らず子育てや仕事にはストレスはつきものです。

特に介護や子育ては介護負担やストレスは大きいとおもいます。

認知症介護においてはコミュニケーションの難しさや身の回りのお世話、

目が離せない、将来の不安などなど・・・・

当然、介護者自身の健康不安もついてきます。

介護職をされている方は仕事なので24時間ではなく休みや休憩などもとれますが

ご家族で介護されているかたは24時間になるので大変だと思います。

介護職におけるストレスケアについてはやはり休息、睡眠をよくとる、昼寝なども

有効といわれています。

よく介護や子育てで残念なことですが、虐待のニュースを耳にすることがあります。

これは当事者と介護者の間でおきる悪環境でおきます。

特に家族介護されるかたで重要な要素は介護者が健康であること、周りに助けてくれる

手伝ってくれる人がいること、相談する場所や、正しい情報をもつこと、介護の負担を

できるだけ軽減して外部のサービスなどを受けて効果的に利用することが必要です。

介護職においては、接遇マナーや介護の初任者研修など基礎的な知識も勉強します。

私個人においても介護職と親の介護、両方を体験していますが、仕事先では当然一人で

はないので、周りの助けや休息もできますが、親の介護では、やはり口調が荒くなった

りします、反省すべき点ですね・・・

いずれにしても介護職、親の介護をされているかたには、ストレスが大きいのでストレ

スケアが大切になります。ケアも含めて正しい情報や相談できる方を持つのが一番大切

な事と思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村